情報を刻む

時代はバーコードからQRコードへ

QRコードでモノ(金型・設備・治工具)の情報管理の時代です。
電子カルテと連携しタブレットを活用すれば
□ 製造・生産・メンテ・品質情報の管理が一発
□ 金型・設備・治工具等の資産管理も可能(廃棄・簿価管理)
□ 同、所在管理ができる(紛失防止)
□ メンテナンス記録・不具合の予知予防にも効果
タブレットで閲覧が国内外問わずリアルタイムに可能
クラウドで技術情報管理も格安に
品質情報も完璧・これでメーカ監査OK


電子カルテとの連動による生産情報・金型情報管理

世界中どこでも・いつでも生産・金型情報が見れる。海外出張・サプライヤー立ち合い・生産移管・取引先廃業・金型紛失防止にも役立つ

QRコードには金型や設備の検索コード情報を仕込みます。通常、金型番号、資産管理番号、製品番号等複数の検索キーコードを設定します。読み込まれたQRコードから電子カルテサーバにアクセスされ様々な情報が連動して検索できます。タブレットの写真・ムービー・音声機能で金型QR-ID毎に金型所在、錆状態、チェック・メンテ記録やサービスパーツ生産記録などを電子カルテ化されます

金型・設備用「QR銘板」は、M2M技術の融合で、電子カルテによるIoTシステムに必須のアイテムです

電子カルテは、樹脂・プレス・鋳鍛造・ゴムなどの金型による生産工場や自動組み立てラインや自動機による生産工場で活躍しています。生産現場の情報を素早くキャッチ、しかも自動履歴化(カルテ機能)や統計処理で生産性の向上による原価低減やや不具合の未然防止に効果があります